星占い

星占い


アスペクト

アスペクトとは

アスペクトとは、ホロスコープ上での惑星と惑星にできる特定の角度のことを言います。アスペクトのある惑星同士はお互いに影響しあうのです。

コンジャンクション(0度)

コンジャンクション(0度)

ふたつの天体が同じ度数にある状態をコンジャンクションと言います。
この状態にある惑星は、良くも悪くもその性質が強調されます。

オポジション(180度)

オポジション(180度)

ふたつの天体が真正面に向かい合う状態をオポジションと言います。
このふたつは対立しており、お互いを強く意識し緊張感のある関係です。
自分のホロスコープ内にあるオポジションを見ることで、自分の中でどのような事柄が矛盾しているのかが分かります。

トライン(120度)

トライン(120度)

ふたつの惑星が120度の角度である状態をトラインと言います。
大抵の場合が同じエレメントで成り立つアスペクトであり、長所を引き出しあう関係です。
3つのサインがそろっているときはグランドトラインと言い、意味がより強力になります。

スクエア(90度)

スクエア(90度)

ふたつの惑星が直角の角度である状態をスクエアと言います。
一方の天体が他方の天体へ圧力をかけるようなアスペクトです。
かなり緊張状態の強い関係な一方、現状突破や大きな方向転換に力を発揮することがあります。

セクスタイル(60度)

セクスタイル(60度)

トラインと同様お互いをフォローし合うアスペクトです。
ただし、違うエレメントで成り立つため、トラインと比べ動きのある協力関係となります。

インコンジャクト(150度)

インコンジャクト(150度)

調整や再構成の意味をもつアスペクトです。
ふたつの天体の間で葛藤が生じますが、努力と忍耐でお互いを高め合っていこうとする関係です。

ノーアスペクト(アスペクトなし)

ノーアスペクト(アスペクトなし)

どの天体ともアスペクトをもたないことをノーアスペクトと言います。
他天体との関わりがないため、動き方がわからず止まってしまうか、無軌道に暴走するか、どちらかの性格をもつと言われています。

参考書籍

著者 まついなつき
監修 松村潔

改訂版しあわせ占星術
自分でホロスコープが読める本


「星占い」の占いサイト


無料お試し占い


星占い