比叡山の母

比叡山の母

ひえいざんのはは

玄武勝龍(げんぶかつりゅう)。

数年前に国の特定疾患である「もやもや病」にかかり、自分の死を強く意識したことを機に、自らの余生を迷える人々を救うために捧げることを決意。
知人の紹介で、現在の師・沖田法瀧に出会う。運命的なものを感じ、弟子入りし得度を受ける。

その後、四柱推命や干支占いなど真言密教より派生した数々の占いをより深く学び、オリジナルの占術である「十二童宝典(じゅうにどうほうてん)」を確立した。


「比叡山の母」の占いサイト


占い師から探す