星ひとみさんの的中鑑定【佐藤二朗さんと山田孝之さんを徹底鑑定!】

星ひとみさんの的中鑑定【佐藤二朗さんと山田孝之さんを徹底鑑定!】

今週も見応え抜群!『突然ですが占ってもいいですか?』。
待ちに待った「突然ですが占ってもいいですか?」スペシャル特番!今回は個性派俳優のお二人、佐藤二朗さん山田孝之さんが登場!どんな反応をされるのか、早速見ていきます。

2021年5月19日(水)に放送された番組の紹介です。

鑑定前の事前インタビューで佐藤二朗さんは占いに「あまり…興味はないです…」と遠慮気味に。山田孝之さんは「楽しみです」の一言。山田孝之さんは本当に返事がいつも変化球で想像できません。星ひとみ先生のところへ向かう廊下を二人で歩きながら山田孝之さんは「怖いなあ…。どうする?あなた、実はこんなとこにホクロありますよ!って言われたら…」そのノリは、どう見ても怖がってないよね?

▼【公式占いサイト】
(月額330円)

星ひとみ先生とは?噂の天星術って?

星ひとみ先生とは?
 天星術占い師、ライフコーディネーター。東洋占星術をベースに、統計学や人間科学、心理学など様々な要素を取り入れたオリジナル運勢鑑定法「天星術」の開祖。巫女の血筋を持つ家系に生まれ、芸能界や政財界に多くのファンを持つ。『スッキリ』(日本テレビ系)の「誕生月占い スッキりす!」監修ほか、『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演で話題に。

 なんと、巫女の家系の方だそう。どうりで、番組内で「気が見える」と仰っていた意味がわかりました。
 そして占い好きには、聴き慣れない言葉がたくさん…。どんな占術なのかと思っていると、実は星ひとみ先生のオリジナル占術とのこと。
 では、星ひとみ先生オリジナル占術『天星術』について、少しだけご紹介します!

天星術とは
 星ひとみ先生オリジナル占術【天星術】では生年月日をもとに、【満月】【上弦の月】【大陸】【深夜】など全12種類の天星タイプに分けられます。
 自分がどの天星タイプに属しているのかで、自分自身の本質や運勢、出会いの時期や、結婚運が特に強い時期、好きな人との相性などが分かるんだそう。

【満月タイプ】想像力豊かな反面、現実的な面を持ち合わせたロマンチスト
【上弦の月タイプ】美的感覚の高い無邪気なガンコ者
【下弦の月タイプ】順応性にすぐれた世渡り上手。好奇心旺盛
【新月タイプ】空想力がとても高い、心優しいさびしがりや
【空タイプ】寛大な心を持った親分気質。実は臆病な一面も
【山脈タイプ】男女問わず広く浅く協調性を大切にする平和主義者
【大陸タイプ】クリエイティブな才能が豊か。少々ドライなこだわり派
【海タイプ】しっかり者の現実派。ステータスに弱い一面も
【朝日タイプ】冒険心旺盛で楽観的。マイペースで自由人
【真昼タイプ】時に熱しやすく冷めやすい。決断力と情をあわせ持つ
【夕焼けタイプ】信念が強く、少々頑固な努力の人
【深夜タイプ】マイペースな個性派。我が道を突き進む

佐藤二朗さんと山田孝之さんをロックオン!

星ひとみ先生の天星術によると佐藤二朗さんは深夜タイプ。個性、特殊、人とズレている、感覚の持ち主。めちゃくちゃ純粋で一途ですが、束縛され続けるとだめな人。そして落ち着きがない!の星ひとみ先生の言葉に佐藤二朗さんはすかさず「その通りです!」はい!見てるだけで私にもわかります!!
佐藤二朗さんは精神年齢6歳と言われ、一方で山田孝之さんは仙人、120歳だそうです。なんだかわかりみが過ぎます…。そしてオナラの星(!?)が入っていると言われた佐藤二朗さんは「大正解!!」と仰天です。またメールの星やSNSの星があるそうです。そう!佐藤二朗さんはTwitterでいっつもバズっていますね!私も佐藤二朗さんのつぶやきを楽しみにしている一人です。

山田孝之さんは、夕焼けタイプ。夕焼けタイプはこの連載コラムで初めてかもしれません。王様、高貴な人、本物志向の人です。そしてやっぱり変態の星が入っている山田孝之さん。Netflixでの全裸監督は強烈でした!変態の星を掘り下げて星ひとみ先生は「乳首に注目!乳首がスイッチだから、乳首に乳液塗って下さい!」と告げます。星ひとみ先生、度々、真顔でセクシーネタをぶっこみますね。でも占いから紐解いているからか、いつもいやらしさはないんですよねー。そして天星術から見ると、山田孝之さんは直感の感覚の持ち主で、話をしていて相手がどういう行動やどうなっていくのかを見極められる人だそうです。これに山田孝之さんはすかさず、「目を見たら最初に大体どんな人かすぐにわかります」えぇぇ。そこらへんの、占い師よりも優秀なのでは…?
おでこにもう一つ目があると言われる山田孝之さん。おでこに水を当てることで浄化できる、と星ひとみ先生が言うと「いつも、シャワーでそうしています。一人でおでこにシャワーをあてていると、アイディアやひらめきが降りてくる」そうです。
星ひとみ先生が「セリフなど入ったままになるのに気をつけて」と言うと山田孝之さんは「僕、宇宙に意識飛ばしているんで。本番前とか毎回。地球から出ていって、体を割って、その断面に光を入れる閉じて戻るんです」と。聞いた途端、爆笑しましたが、あれですね、占い師も占い前に精神統一などの作法をしている先生も多く、それに近いのかもしれません。星ひとみ先生も、鑑定前にお香と鐘で場を浄化しているのをテレビで見ます。ただ、宇宙にまで飛び出るというのは、さすがスケールが大きいですね、山田孝之さん…。私は、意識を飛ばすとしても近所の神社ぐらいまでです…。

山田孝之さんの過去と未来…2021年は運命の年

つづいて、山田孝之さんの過去を紐解いていきます。

小学5年生【切り替え】
義務教育の教科を自分でどんどん切り捨てていった。自分が必要ないと思ったものをやめていった。
14歳【決断の年】
鹿児島から東京に上京して芸能界入り。脱皮するために必要な決断をした年。
20歳から24歳辺り【リセットの時期】
鎮魂の星が入っている。うつ状態だったそうです。星ひとみ先生によると、「一歩間違えれば…」そう伝えると、山田孝之さんは見たこともない表情で、頷きました。
25歳から26歳【脱皮】
性質や性格、流れが全て変わる。奥さんとの出会い。自己の開放。勇者ヨシヒコや闇金ウシジマくんへの出演がこのあたりです。
2021年【運命の年】
新しい発見やワクワク楽しみな年。

実はすでに動き出している山田孝之さん。俳優業は今の半分の状態にしているそうです。コミュニティーを作って理想の島づくり、自給自足の生活を目指しているとのこと。また山梨の甲府で畑を始めているんですって!
星ひとみ先生にも同じことを言われて答え合わせが出来た山田孝之さん、大きく「よし!」と自己点検終了の様子です。


まとめ

今回の星ひとみ先生の鑑定では、山田孝之さんはすでに、自分がどうしていくかを決めていた上で、占いで方向性が間違っていないかどうかを確認している場面が印象的でした。
占いは、本来、占いに振り回されたり占いで不安になったりするものではなく、占いをいかに自分が使うかどうか、指針にするのが一番よい使い方です。
まるで鑑定を受けるお手本のような山田孝之さんでした。占いをとても怖がっていた佐藤二朗さんは、「今日、ここに来てよかったかも!」と笑顔で話されたのもとても良かったと思います。
さて、次回の『突然ですが占ってもいいですか?』5月26日(水)
ここ最近は、この番組の影響で占いに関心を持つ人が増えています。どうぞ、占いの有効な使い方を知ったり、占いは怖いものや怒られるものではないことを知ってもらいたいですね!

星ひとみ先生の占いを
▼体験したい方はこちら▼

ライター/宮名透瑚


星ひとみ無料占い

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア

おすすめ占い特集