星ひとみさんの的中鑑定【木村拓哉さん&小日向文世さんを徹底鑑定!ロックオン連発に…】

星ひとみさんの的中鑑定【木村拓哉さん&小日向文世さんを徹底鑑定!ロックオン連発に…】

今週もやってきました星ひとみ先生の鑑定がズバリ!ゲストの心を開く『突然ですが占ってもいいですか?』。
2020年12月16日(水)に放送された番組をご紹介していきます。

▼【公式占いサイト】
(月額330円)

星ひとみ先生とは?噂の天星術って?

星ひとみ先生とは?
 巫女の血筋を持つ家系に生まれ、東洋占星術・統計学・心理学・人間科学など様々な要素で創り上げたオリジナル運勢鑑定法『天星術』をもとに、これまでに20,000人以上の鑑定実績を持ち、高い的中率を誇り、熱い支持を受けている。のべ312組1000人以上の有名人鑑定も行う。
 結婚時期的中、解散時期的中、ブレイク時期を的中させ、芸名の命名、バンド命名からトップスターになったアーティスト多数。

 なんと、巫女の家系の方だそう。どうりで、番組内で「気が見える」と仰っていた意味がわかりました。
 そして占い好きには、聴き慣れない言葉がたくさん…。どんな占術なのかと思っていると、実は星ひとみ先生のオリジナル占術とのこと。
 では、星ひとみ先生オリジナル占術『天星術』について、少しだけご紹介します!

天星術とは
 星ひとみ先生オリジナル占術【天星術】では生年月日をもとに、【満月】【上弦の月】【大陸】【深夜】など全12種類の天星タイプに分けられます。
 自分がどの天星タイプに属しているのかで、自分自身の本質や運勢、出会いの時期や、結婚運が特に強い時期、好きな人との相性などが分かるんだそう。

【満月】想像力豊かな反面、現実的な面を持ち合わせたロマンチスト
【上弦の月】美的感覚の高い無邪気なガンコ者
【下弦の月】順応性にすぐれた世渡り上手。好奇心旺盛
【新月】空想力がとても高い、心優しいさびしがりや
【空】寛大な心を持った親分気質。実は臆病な一面も
【山脈】男女問わず広く浅く協調性を大切にする平和主義者
【大陸】クリエイティブな才能が豊か。少々ドライなこだわり派
【海】しっかり者の現実派。ステータスに弱い一面も
【朝日】冒険心旺盛で楽観的。マイペースで自由人
【真昼】時に熱しやすく冷めやすい。決断力と情をあわせ持つ
【夕焼け】信念が強く、少々頑固な努力の人
【深夜】マイペースな個性派。我が道を突き進む

木村拓哉さんと小日向文世さんをロックオン!

実は今回のゲスト、あの木村拓哉さんと小日向文世さんです!木村拓哉さんといえば、フォーチューンウォッチャーをつとめる沢村一樹と昨年話題になったドラマで共演されていましたね。スタジオでのお二人のトークから、仲の良さが伺えてほほえましいシーンでした。

さて、事前のインタビューで木村拓哉さんは、プライベートで占いをしてもらったことはないと言います。 小日向文世さんは意外にも占いが好きとのことです!プライベートでの鑑定でも当たっていたと木村拓哉さんに語ります。そして木村拓哉さんがこの番組をほぼ90%見ているという告白。驚きました!私と同じ時間に木村拓哉さんが同じ番組を見ているってことですね…。興奮します。占いに興味津々のお二人です。

早速、星ひとみ先生が二人のタイプを天星術で読み解いていきます。

木村拓哉さんの星は月グループの満月タイプ。お茶目でしあわせを掴むのが上手な星。サービス精神が旺盛ですが、いろんな人にパワーを与えてしまい疲れることも。
そして木村拓哉さんの手相を見た星ひとみ先生が「スター線が3つ入っていますね。」と。私も思わず、自分の左手を確認してしまいました。この線が3つ入っていることは、時代やものを作り上げる力がある人だそうです。まさに、木村拓哉さんに当てはまりますね。
また木村拓哉さんの数字は、5、15、2、3に関係していると星ひとみ先生が伝えると、木村拓哉さんが「僕の車のナンバー…」と自らLock-onの曲を歌い出しました!こういうところが、満月タイプのお茶目さ全開です!
そしてさらに、星ひとみ先生が大きなアメジストのような2つの気に守られているように見えますと言うと、木村拓哉さんは笑いながら「Lock-on♪」とまたもや歌い出しました。家のリビングに腰までの大きさのアメジストの石が2つあるとのことでした。写真が披露されるとそれは本当に大きい…!そして星ひとみ先生が「丸くて青い石が玄関にありますか?」と聞くと、またもやその通りのようで、木村拓哉さんは「ターコイズの石があります。誰にも言ってないのに…。俺、星ひとみ先生、今まで家に呼んだっけ…?」と身の置き所がない様子で、でもユーモアを交えて答えるのが印象的でした。

そして次は小日向文世さん。小日向文世さんに鑑定が移る時の木村拓哉さんのほっとした顔にちょっと笑ってしまいました。
小日向文世さんの星は山脈タイプ。満月のパワーによってパワーを得られるとのこと。これは木村拓哉さんとの相性がバッチリということですね。星ひとみ先生によると小日向文世さんは実はネガティブで怖がりな心配性。それを聞いた途端に、吹き出す小日向文世さんと木村拓哉さん。どうやら思い当たることがあるようです。
そして小日向文世さんはプレッシャーに弱く、口が渇く人と星ひとみ先生が言うと「その通りです。」と小日向文世さん。そして星ひとみ先生が「めんどくさがり屋なはずだから家にしかいないと思うんですよ。」と言うと小日向文世さんは「そーなんですよ!!うわーすごいわ!」と爆笑!
さらに星ひとみ先生が「小日向文世さんには世田谷区の星が入っています。」テレビを見ていた私は(世田谷区の星ってなんだろう?)と笑って突っ込んでいました。でも小日向文世さんは世田谷に住んでいるそうですよ。そんなことまでわかるんですか?そして当たった感触があった小日向文世さんから質問が星ひとみ先生に出されます。
実は小日向文世さんは舞台が特に不安だそう。星ひとみ先生は断りを入れながら「実はね、舞台が向いてないんですよ。」と。その一言に小日向文世さんは「あーやっぱり!!」と非常に納得されたようです。でも、その苦手なことに挑戦し続けることが小日向文世さんにとって大切なことだと星ひとみ先生は説明します。
さらに、小日向文世さんにとって来年の6月から8月にかけては我慢・試練の運気。星ひとみ先生から「やばいなぁと思った時には、楽屋に観葉植物を置くといいですよ。」とアドバイスがありました。
悪い運気を悪いと言いっぱなしではなく、ちゃんと回避策を伝えるところがさすが一流の占い師です。

木村拓哉さんの転機は4度!そして来年は…

そしてここから木村拓哉さんの過去を遡って見ることに。

3歳人に喜ばれることを自然に覚えた年
13歳−15歳【負けず嫌い】人に負けたくない気持ちが強い年。剣道に励んだ年齢です。
17歳 高校2年生【脱皮の年】何かをやめて何かを始めた年。剣道をやめて本格的に芸能活動を始めた年です。

転機は4回。
1995年、 1997年、 2000年、 2017年。全て大きなドラマやCDが大ヒットとなったり、2017年はSMAPの解散がありました。さすがに木村拓哉さんクラスの方は、転機の訪れ方もスケールが大きいです。

木村拓哉さんから「来年はどうなりますか?」と質問を受けて、星ひとみ先生は「すごく面白い1年になります。手を使った何かを木村拓哉さんがすることが流行りそうです。」という結果。どんなことが流行るのか。これは最初のスターの星が3つもある木村拓哉さんが新たな流行を生み出すということでしょうか。楽しみです!
そして、極め付けは星ひとみ先生が「木村拓哉さん、年末を過ごすときは赤いパンツをはいてください。出来るだけ締め付けない大きいやつ!」というアドバイスに、木村拓哉さんと小日向文世さんは大爆笑!確かに、赤い褌などは昔から魔除けの意味を持ちますね。
ますます木村拓哉さんの運気を上昇させるためのアドバイスでした。


まとめ

今回も星ひとみ先生の天星術が光る鑑定でしたね。特に、悪い運気のときの過ごし方や、向き合い方、回避するためのアドバイスがさすがでした。
悪いことを言いっぱなしではなく、しっかり回避できるアドバイスをするのが占いです。 そうして運気をあげていくことが出来ます。
次回の『突然ですが占ってもいいですか?』からは一ヶ月間、なんと!木村拓哉さんがフォーチューンウォッチャーになるとのこと。来年2021年1月6日(水)22時です。次回のゲストからは俳優陣からのゲストが増えるようです。俳優さんのドラマでは見られない素顔が見られそうですね!見逃せません。

星ひとみ先生の占いを
▼体験したい方はこちら▼

ライター/宮名透瑚


星ひとみ関連記事はこちら

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア

おすすめ占い特集