星ひとみさんの的中鑑定【お笑いコンビミキの、コンビ結成~ブレイクまでを天星術でロックオン!】

星ひとみさんの的中鑑定【お笑いコンビミキの、コンビ結成~ブレイクまでを天星術でロックオン!】

さあ、今週もお伝えします!星ひとみ先生のズバリ鑑定が光る、『突然ですが占ってもいいですか』。
Twitterでもリアルにハッシュタグで話題です。
2020年11月18日(水)に放送された番組をご紹介していきます。

▼【公式占いサイト】
(月額330円)

星ひとみ先生とは?噂の天星術って?

星ひとみ先生とは?
 巫女の血筋を持つ家系に生まれ、東洋占星術・統計学・心理学・人間科学など様々な要素で創り上げたオリジナル運勢鑑定法『天星術』をもとに、これまでに20,000人以上の鑑定実績を持ち、高い的中率を誇り、熱い支持を受けている。のべ312組1000人以上の有名人鑑定も行う。
 結婚時期的中、解散時期的中、ブレイク時期を的中させ、芸名の命名、バンド命名からトップスターになったアーティスト多数。

 なんと、巫女の家系の方だそう。どうりで、番組内で「気が見える」と仰っていた意味がわかりました。
 そして占い好きには、聴き慣れない言葉がたくさん…。どんな占術なのかと思っていると、実は星ひとみ先生のオリジナル占術とのこと。
 では、星ひとみ先生オリジナル占術『天星術』について、少しだけご紹介します!

天星術とは
 星ひとみ先生オリジナル占術【天星術】では生年月日をもとに、【満月】【上弦の月】【大陸】【深夜】など全12種類の天星タイプに分けられます。
 自分がどの天星タイプに属しているのかで、自分自身の本質や運勢、出会いの時期や、結婚運が特に強い時期、好きな人との相性などが分かるんだそう。

【満月】想像力豊かな反面、現実的な面を持ち合わせたロマンチスト
【上弦の月】美的感覚の高い無邪気なガンコ者
【下弦の月】順応性にすぐれた世渡り上手。好奇心旺盛
【新月】空想力がとても高い、心優しいさびしがりや
【空】寛大な心を持った親分気質。実は臆病な一面も
【山脈】男女問わず広く浅く協調性を大切にする平和主義者
【大陸】クリエイティブな才能が豊か。少々ドライなこだわり派
【海】しっかり者の現実派。ステータスに弱い一面も
【朝日】冒険心旺盛で楽観的。マイペースで自由人
【真昼】時に熱しやすく冷めやすい。決断力と情をあわせ持つ
【夕焼け】信念が強く、少々頑固な努力の人
【深夜】マイペースな個性派。我が道を突き進む

人気お笑いコンビミキの2人をロックオン!

お笑いコンビミキは、兄の昴生(こうせい)さんと弟の亜生(あせい)さんの2人コンビです。2018年にM1グランプリ優勝、2020年に上方漫才協会大賞を受賞するなど、今大活躍のお笑い芸人さんです!まずは手相をと言われて、二人同時に手を出してボケツッコミ。さすがです。
手相を見た星ひとみ先生は一言「兄弟だけど、性格が全然違います」と。二人の女性を選ぶ流れも好みも全く違うと星ひとみ先生が言うと二人が一斉に「違います!」「全くわからへん!」当たっているようです!すると「嫁が見とる!」とまた漫才が始まります。亜生さんは「取り繕わへん。今日は決めてます」と言うので吹き出しました!

弟の亜生さんは天星術でいうところの山脈タイプ。水のあるところで癒されるタイプ。「最近、寝るときに水の流れる動画を見てるんです」と亜生さん。
自分流を持っていて自分は髪型はこうだ、などこだわりがある人がこの山脈タイプ。誰かに真似されたり、自分のやっていることが流行ると辞めてしまう性質が強いとのこと。
星ひとみ先生の鑑定は続き「自分は正しくて、みんなが変だと思っているのが山脈タイプ。でも本当は本人が変なんです」と言うと兄の昴生さんは「先生もっと言って!俺がこいつのためにどんだけ苦労してるか!お前が一番変やねん!!」と興奮!知らないところでコンビも大変なんですね。でも仲が良いからこそ、言えること。

兄の昴生さんは天星術でいうところの深夜タイプ芯があり、頑固さやプライド、自分の中の芯を変えない人だそうです。聞いているうちに頭を抱える昴生さん。
弟の亜生さんは反撃とばかりに「これめちゃくちゃ大変なんです!」と反論です。しかも「顔に全部出る!」と星ひとみ先生が言うと昴生さん爆笑!!
この芯があって「これが面白い!」と思うから、ツッコミに向いていると星ひとみ先生が言うと、弟の亜生さんは「芸人先輩にもタメ口でツッコむけれど、本人は面白いと思ってやってるから…これは誰にも出来ないですね。俺はこれが面白いと思ってるし、これでツッコミたいからって譲らない」こうした性格を昴生さん本人も自覚しているようですね。自分の特性を存分に芸に生かしている典型のお二人です。

お笑い芸人ミキのコンビ結成~ブレイクまで。そして年末に実は…

さて、恒例の天星術で二人がどんな風にコンビを結成し、ブレイクしたのか見ていきましょう。

1991年【何かが変わるリセット年】外国船の船長の父が国内船の船長に転職し、お父さんが家によく帰ってくるように。今まで父不在からの変化に二人が戸惑った年。
昴生さん高校2年生【挑戦と変化の年】文化祭で初めて漫才をしてボケてみようと挑戦。とても受けて芸人の道を意識。
2006年【決断の年】昴生さん20歳、亜生さん18歳。兄は芸人を開始、弟は芸人に憧れながらも大学進学。
2009年【破壊の年】亜生さんは大学の進路で、悩みます。本来目指していた水族館の飼育員を諦めて介護の仕事につきますが、1年で辞めています。
2011年【迷いの年】亜生さんは仕事についてとても悩み、爆発。泣きながら兄に電話して「漫才コンビを組みたい」と告白。
2012年【金の年】宝物が見つかる年。ミキコンビ結成!
2015年【気がぶつかっている年】コンビ低迷。オーディションを受けて落ちる日々。
2016年-2018年【12年に一度の転換期】芸人以外の仕事を一切やめて漫才に打ち込む二人でした。NHK上方漫才コンテストとKYO-ICHIで優勝して、お仕事がどんどん増えて芸人だけで食べられるようになったとのこと。

ここまで、バシバシ当てられて、二人から質問が相継ぎます。

弟の亜生さんからは結婚について。今年の12月から来年の2月ぐらいまでに出会いがありそうとのことです。しかも、「演技に関する星が入っているので、どんどん進むといいですよ」とアドバイスが星ひとみ先生から伝えます。実は、ちょうどこの年末から亜生さんは演技のお仕事があるそうです!

そして兄の昴生さんはコンビの行方と今後が気になるよう。
深夜タイプの昴生さんの頑固さをもう少し、柔軟性を持たせることで更なる飛躍が期待できるそうです。芯が強いだけあって、星ひとみ先生の「例えばIT、YouTubeとか」と言われても、首を縦に降らない昴生さんでしたが、自分の中の古いものと新しいものの融合というテーマ、元々自分が興味があることと関連づけて提案されたら、とても乗り気に!
星ひとみ先生が、お二人の本質をよく知り、アドバイスしている様子が伺える一場面でした。


まとめ

星ひとみ先生の天星術による天星タイプ占いが光る回でしたね!ブレイクしている漫才コンビのミキのお二人が、先生に言われる前から自分の性格についてはよく熟知して仕事に生かしている様子が印象的でした。自分の性格の長所や短所を知っていれば、どんな仕事に向いているのか、人間関係においても工夫できます。 皆さんも、天星術で自分のタイプをチェックしてみてください! 次回の『突然ですが占ってもいいですか?』は11月25日(水)22時です。次回も星ひとみ先生の鋭い鑑定から目が離せません!

星ひとみ先生の占いを
▼体験したい方はこちら▼

ライター/宮名透瑚


星ひとみ関連記事はこちら

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア

おすすめ占い特集